HOME > 業務概要

不動産を売買・交換するとき

「希望している値がつけば不動産を手放したい」と思っているときには、その不動産の「適正な価格」を知っておくことが大切です。また、不動産を買うときや交換するときも、鑑定評価額を知っていると安心です。


資産評価をするとき

土地・建物の「評価替え」をするときや、現在の資産価額を知りたいときには、鑑定評価が必要です。不動産の価格は流動的なものですから、鑑定評価によって、その時々の価格をしっかり把握しておきましょう。


不動産を担保・証券化するとき

不動産を担保に融資を受けるとき、「鑑定評価書」があれば融資額の予想が可能で便利です。逆に担保を取るときには、評価額がはっきりしていることが必要です。また、工場財団を担保にするときには、機械装置などを含むことが必要ですし、不動産を証券化する場合も「鑑定評価書」は重要な役割を担っています。


相続などで適正な価格が必要なとき

財産相続で一番頭を悩ませるのが土地・建物などの不動産の分配のこと。鑑定評価を受ければ適正な価格がはっきりし、公平に分配するための基礎資料となります。


不動産を賃貸借するとき

貸ビルやマンションなどの家賃を適正に決めたいときは、ご相談ください。「地代」「契約更新料」「名義書替料」なども鑑定評価の対象になります。また「借地権」「借家権」などの財産価値判定の根拠として、「鑑定評価書」は有効です。


裁判や公平な課税のための資料とするとき

裁判上の争いや公平な課税のために資料として必要なとき、鑑定評価は有効に役立ちます。


コンサルティング

不動産の客観的価値等に関する調査・分析、不動産の有効活用・取引・投資に関する相談を、不動産鑑定士が行います。